感動塾

 神縁感謝です。

第163回「感動塾」のご案内を致します。

6月29日~30日、野外活動で、飛騨金山、高山へ参ります。

 「縄文の日時計」を訪ね、縄文人の叡智に触れる感動体験をします。
題して、「光が描く縄文の叡智に触れる旅」です。

案内は「縄文の日時計」の見事さを見出し、その法則性に気づき、
根気よく観察を続け、その裏付けをとり、ガイドブック
「金山巨石群の『縄文』太陽観測ガイド」を著述された

小林由来さん(金山巨石群リサーチセンター代表)、
徳田紫穂さん(金山巨石群リサーチセンター調査員)にしていただきます。

合わせて、金山の特色ある路地裏をめぐる「筋骨めぐり」は
博覧強記の岡戸孝明さん(金山町街歩き観光ガイド)にしていただきます

宿泊が可能な方は、イワクラの間から絶妙に昇るご来光を一緒に仰ぎ、
高山観光し、飛騨一之宮の水無神社にお参りしたいと存じます。

みなさまと感動を共有し創造するのを楽しみにしています。


                               「感動塾」主宰  重藤悦男   

 


 

 

 

感動を共有し、創造する時空間「感動塾」

 

感動」 それは、魂の躍動、体を軽快にさせ、行動を引き出す

 

感動」 それは、伝わるもの、人にも社会にも、さらに自然にも

 

   でっかい「感動」は、人を輝かせ、社会を明るくし、自然もイキイキさせる

 

感動」 それは、分かち合うもの、与え合うもの

 

   あなたも一緒に「感動」の“キャッチボール”をしませんか

感動塾」では、毎回素敵な方に講演をお願いしています

 

 

 

第163回 「感動塾」ご案内

  

【案内人】

小林由来さん(金山巨石群リサーチセンター代表)、
徳田紫穂さん(金山巨石群リサーチセンター調査員)
岡戸孝明さん(金山町街歩き観光ガイド)
 

【演題】 光が描く縄文の叡智に触れる旅
    

【日時】 令和元年6月29日(土)~6月30日(日)

 

【会場】 飛騨金山、高山

 

    詳しくはこちらへどうぞ

 

 

受止めるのはあなたです
       
どんな“球”があなたの“ミットに投げ込まれるか    

 

そして、あなたは、どう“返球”するか、“ペイフォワード”するか